本文へスキップ

私たちは静岡県西部を中心に浄化槽維持管理・建築物排水管高圧洗浄作業をしている会社です

TEL.053−448−8844

〒432−8051 静岡県浜松市南区若林町443

Q&AQuestion&Answer

ここでは、お客様よりお寄せ頂いた質問を元にQ&Aページを作成しております。

1.排水システム全般

  1. 汚水とはどのようなものですか?
  2. 私たちが排出した汚水はどのように処理されていますか?
  3. ディスポーザを使用していますが、注意事項はありますか?
  4. 節水するため、トイレのタンク内にペットボトルを入れてもいいですか?
  5. 常に便器からチョロチョロと水が流れています。このままでもいいですか?
  6. 宅内の洗面所や洗濯場の辺りがなんとなく臭うのですが・・・
  7. 私たちは1日にどれくらいの水を使用しているのでしょうか?
  8. お風呂の排水口が詰まってしまいました。対処法を教えてください。
  9. マンション居住者ですが、突然排水口から汚水が溢れてきて困っています・・・
  10. 小便器の流れが悪く、臭いもひどいのですが・・・
  11. マンション居住者です。排水管清掃のお知らせ文書が届きましたが、どのような作業をしますか?
  12. 配管の中をどのようなもので高圧洗浄するのですか?
汚水とはどのようなものですか?  汚水とは雨水以外の排水のことをいい、いくつかの種類に分けられます。

し尿:トイレ汚水
雑排水:風呂・洗面所・洗濯場・台所など、トイレ以外の排水
厨房排水:レストランなど業務用厨房からの排水
機械室排水:ポンプなどの設備機器を運転した際に発生する排水
特殊排水:病院や工場などで排出される直接放流することのできない排水
その他

一般家庭からは、し尿と雑排水の2種類の汚水が排出されることとなります。
私たちが排出した汚水はどのように処理されていますか? 排水処理にもいくつかの種類があり、お住まいの地域によって処理方法が異なります。
 
○下水道:
  市街地、団地など人口密集地区に用いられます
  し尿+雑排水→下水道管→終末処理場→処理水は河川へ放流
 
○コミニティ・プラント:
  新規に開発される団地や、既存の小集落等に用いられます
  し尿+雑排水→排水管→コミニティ・プラント処理施設→処理水
  は側溝等へ放流
 
○合併処理浄化槽:
  一般家庭・団地・その他建築物等に用いられます
  し尿+雑排水→排水管→浄化槽→処理水は側溝等へ放流
  ※浄化槽余剰汚泥はし尿処理施設にて処理
 
○みなし浄化槽:
  し尿のみを浄化処理できる施設。雑排水は未処理のまま放流
  し尿→宅内排水管→浄化槽→処理水は側溝等へ放流
  雑排水→宅内排水管→側溝等へ放流(未処理)
  ※浄化槽余剰汚泥はし尿処理施設にて処理
 
○汲み取り便所:
  し尿は汲み取り便所にて。雑排水は未処理のまま放流
  し尿→汲み取り便槽に貯留→し尿処理施設にて処理
  雑排水→宅内排水管→側溝等へ放流(未処理)
ディスポーザを使用していますが、注意事項はありますか?  ディスポーザ機器とは、台所で発生した野菜くずなどをカッターなどを用いて細かく砕き、水と混ぜて排水する設備です。この排水はBOD負荷が非常に高いため、直接、浄化槽や下水道に流し込むことはできません(一部浄化槽を除きます)。使用にあたっては専用の処理水槽もしくはディスポーザ対応型浄化槽の設置が必要となります。(市町村によって対応が異なります)
 この排水は通常の汚水より粘性が高いため、排水管内に詰まり易くなります。よって必ず使用要綱に沿った水道水を流してください。また、ディスポーザ設置に関しては各市町村によって対応が異なりますので、取り付けの際には必ず各市町村へご相談ください。
節水するため、トイレのタンク内にペットボトルをいれてもいいですか? なるべくお止めください。
トイレの排水には、その便器に応じた適正水量が必要です。
排水水量が少ないと、排水管の途中で汚物が停滞してしまう可能性があるため、その処置作業に余分な出費を強いられることも考えられます。浄化槽に対しても汚水の希釈率が低下し負荷が上がるため、浄化機能に影響が出る場合があります。各家庭によって状況が異なりますので、タンクにペットボトルを入れる場合は弊社担当者までご連絡ださい。
常に便器からチョロチョロと水が流れています。このままでもいいですか? トイレタンク内の部材が経年劣化等によって水漏れを起こし、便器内へ常に漏れ出してしまっている状態です。このままですと水道代が余分にかかってしまいますので早急に修理が必要です。
また浄化槽内では、一定の水みちができてしまうため、未処理汚水がそのまま放流先へと移流してしまう可能性もあります。このような症状の場合、弊社担当者までご連絡ください。
宅内の洗面所や洗濯場の辺りがなんとなく臭うのですが・・・ 梅雨時など湿度が高く、風が弱い時期等にこのようなご質問を頂くことがあります。
この症状は

@水使用機器にトラップが取り付けられていない(例外あり)
A排水管との接続部に防臭パッキンが取り付けられていない
Bトラップもパッキンもあるが隙間が空いていたり破封している

等の時に排水管内の臭気がそのまま宅内へと侵入することが原因です。臭気の種類は具体的に、

合併浄化槽の場合 :宅内排水管・浄化槽からの臭気
みなし浄化槽の場合:宅内排水管・浄化槽・道路側溝からの臭気
下水道の場合   :宅内排水管・下水道管からの臭気

の3つに分けられます。
さらにトラップ、防臭パッキンには臭気だけでなくハエやゴキブリ等の衛生害虫の侵入を防ぐという役割もあります。
臭気の感じ方は個人差が大きくその判断も困難ですが、非常に大事な設備ですのでお困りの際は弊社担当までご連絡ください。
私たちは1日にどれくらいの水を使っているのでしょうか? 日本人の1日当たりの生活用水使用量についてはいくつかの説がありますが、浄化槽の世界においては200リットル/人・日と定めています。

例えばご家庭の浄化槽の人槽が7人槽であれば、
7人×200リットル=1,400リットル
すなわち1日1.4トンの汚水を浄化できるよう設計生産されています。

弊社による調査では、実際の使用量は計画水量に対しておおよそ5割〜8割くらいのお宅が多いようです。理由として、人槽に対し居住人数が少ない、節水型の機器が増えてきている、居住者が節水を心がけるようになってきている、等々が考えられると思います。

さて、1日50リットルの水は「人が最低限度の人間らしい生活」をするために必要な量といわれています。飲料、歯磨き、食事、皿洗い、風呂、トイレ、、、。日本で生活している私たちには、この量で社会生活を営むことはとても困難であろうと思います。
 しかし世界には1人当たりに使える生活用水が30リットル以下の国が38カ国もあるといわれています。蛇口をひねれば衛生上支障のない飲料水を容易に得ることができる日本の生活はいかに幸せであろうかと思うと同時に、無駄に使用してはならないと考えさせられます。
お風呂の排水口が詰まってしまいました。対処法を教えてください。 @排水口のフタを外し、目皿の掃除を行う
Aトラップ部材を取外し、トラップ内に付着している毛くずやヌメリを除去する
B外した部材を再取付する

以上で作業完了です。
それでも詰まりが解消しない場合は、弊社担当者までご連絡ください。



写真の赤マルの部分をつまみながら左回しすると外れます



取外したトラップ部材を洗います



トラップ内の異物を除去し清掃した後、再取付けします。
パッキン類を取り付けた後、トラップ部材を右回しにはめ込んでください。
※トラップには様々な形状があり、上記作業ができないタイプもあります。
マンション居住者ですが、突然排水口から汚水が溢れてきて困っています・・・ マンション等の集合住宅においては、各戸の排水は共用管と呼ばれる配管を通ったあと、汚水処理施設に流れていきます。
その共用管が異物等によって閉塞すると、汚水の行き場がなくなり、結果、上層階で使用した水が1階もしくは2階へ溢れ出ることになります。
また、使用していないのにポコポコ異音がする場合は、汚水の通気設備に異常がある場合もあります。このような場合は早急にご連絡ください。ぜひ、障害を防ぐためにも定期的な高圧洗浄等をご検討ください。



共用横引き管の高圧洗浄油脂により配管が閉塞していました



通気設備の点検と高圧洗浄作業
小便器の流れが悪く、臭いもひどいのですが・・・  小便器目皿を取外すと配管にびっしりと黄色っぽい石のようなものが付着していると思います。これは「尿石」と呼ばれるもので、排水不良や臭気の原因の基となります。
 尿石とは、ヒトの尿中に含まれるカルシウムイオンが炭酸ガス等と反応し、難溶性の化合物として配管に付着したものです。
 これの除去には、薬剤を用いて溶解させるか、配管内の場合は、ワイヤ式器具や高圧洗浄機を用いて直接破砕・除去する方法等があります。個人での作業は危険を伴いますので、弊社までご連絡ください。



薬剤を用いた除去作業(反応中)



小便器を外したところ。これが尿石です



ワイヤ式洗浄器具による尿石の除去作業。横枝管内への付着が多いときはこの作業を行います。


配管底部に固着した尿石の除去



高圧洗浄作業によって除去した尿石
マンション居住者です。排水管清掃のお知らせ文書が届きましたがどのような作業をしますか?  弊社における排水管清掃箇所は、建物の共用部及び各居室内の水使用機器(台所、洗面所、風呂場、洗濯場等)を対象にしています。
 施工法については排水管の状況、材質、機器の状態を考慮し適切な方法をとりますが、基本的には各排水口トラップを取外し、排水パイプにホースを挿入、高圧水にてパイプ内を洗浄します。
 この作業によって、手の届かない排水管内のヌメリや異物の除去を行うことができます。高圧洗浄以外にもワイヤ式の器具や真空式のクリーナを用いたり、作業後に消毒作業を行う場合もあります。

宅内入室に関しましては、弊社作業員も気をつけてはおりますが、通路内に破損しやすい物がありましたら、事前に移動をしてください。

また、事前の片付けは、
◎台所、洗面所・・・排水パイプが確認できる程度に
◎洗濯場、風呂場・・・排水口廻りが見えるように
よろしくお願い致します。



台所高圧洗浄



風呂場高圧洗浄



洗濯場高圧洗浄



共用部 屋上作業



共用部 地下ピット内作業
配管の中をどのようなもので高圧洗浄するのですか? 弊社では配管の口径や材質、及び地上高に合わせて洗浄圧力や洗浄ノズルを選定しています。洗浄ノズルは様々な種類がありますが、弊社では主にスズランノズルや回転噴射ノズルを用いています。



☆スズランノズル
配管に沿って進みやすいノズルです



☆回転噴射ノズル
ノズルが高圧水によって自ら回転し、管内をまんべんなく清掃することができます



☆前後方向噴射ノズル
ノズルの基本は後方噴射のみですが、このタイプは前方にも噴射できるため、油脂などにより管が閉塞している際の詰まり抜き用として用います

☆参考 回転噴射ノズルの動画

 

参考文献
浄化槽維持管理集Q&A フジクリーン工業株式会社
水問題の重要性に気づいていない日本人 PHP研究所 著:橋本淳司

 



JC Tokai Co.,Ltd.有限会社ジェーシー東海

〒432−8051
静岡県浜松市南区若林町443
TEL 053−448−8844
FAX 053−448−0867